共有する!
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ぽっこりお腹は骨盤ベルトやガードルよりも姿勢矯正をする事が予防にもなる!


ぽっこりお腹の原因が骨盤にある事はご存知の人も多いと思います。
原因は脂肪のみのケースもあるのですが、長期間ダイエットをしても解消されない場合は骨盤に原因がある可能性が高いのです。

ぽっこりお腹の4つの原因については「ぽっこりは4つの原因がある」で説明しているので参考にしてください。

 

 

 

内臓が下に下がる事でぽっこりのお腹になるのですが、そこには悪い姿勢を長期間続けた事によるインナーマッスル筋力の低下で内臓が下がる事の他に、妊娠出産を経験している女性も内臓下垂が起こる可能性があります。

 

 

 

内臓下垂が起きて、内臓が指定の位置よりも下に下がれば誰でもお腹の下腹がぽっこり出てしまうのです。
ここまでの知識がある人なら骨盤を元に戻したり、骨盤矯正をする為に骨盤ベルトや骨盤ガードルを利用すれば改善するのでは?と考えると思います!

 

 

 

確かに骨盤矯正の為の骨盤ベルトやガードルなどでも解消する事は出来ます!
しかし、骨盤のみの矯正だと骨盤の歪みが再度起きる可能性が高いのも覚えておきましょう!

 

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

 

ぽっこりお腹は姿勢矯正をする事であらゆる原因に対策出来る!


骨盤の歪みの可能性が高いと考えていてもぽっこりお腹の原因には姿勢が悪い期間が長い事や、腹筋の内側にある内臓を支えるインナーマッスル筋力が低下した事などの原因があります。

 

ぽっこりお腹の4つの原因については「ぽっこりは4つの原因がある」で説明しているので参考にしてください。

 

 

脂肪のみでぽっこりお腹になった場合を除くと、ぽっこりお腹になる原因の対策方法は実は正しい姿勢をする事なのです!
骨盤も正しい姿勢を続ける事で改善します。

骨盤の歪みが原因のぽっこり対策の詳細については「骨盤が原因のぽっこりの対策法」で説明しているので参考にしてください。

 

 

 

悪い姿勢が原因でも当然、姿勢矯正をすれば正しい姿勢になりますし、インナーマッスル筋力の低下にしても、正しい姿勢になる事で、インナーマッスル筋力を使用する事になるのでインナーマッスル筋力が上がり、内臓を支える事が出来るようになります。

 

 

 

つまり、改善方法としては骨盤矯正の為に骨盤ベルトや骨盤ガードルを使用するよりも、姿勢そのものを矯正するより加圧部分が広い矯正グッズを使用するほうが効率的なのです!

 

 

さらに、正しい姿勢を身体がインプットしてしまえば、再度内臓が垂れる内臓下垂になる事を予防する事が出来るのでぽっこりお腹を予防できる事にもないます!

共有する!
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

トップ/ぽっこり改善法(総合)
骨盤の歪みによるぽっこり改善法
インナーマッスルの筋力低下によるぽっこり改善法
猫背・悪い姿勢によるぽっこり改善法
皮下脂肪によるぽっこり改善法



スポンサードサーチ

TOPへ