ぽっこりお腹を治すのに腹筋や筋トレは不要!


ぽっこりとしたお腹をどうにか治したいと思っている人の取る行動の多くは腹筋ダイエットです。

 

 

 

筋トレをして、毎日定期的に腹筋を10回5セットするといったお腹の筋力を付けるダイエットですが、ほとんどがぽっこりお腹には意味がないダイエットになります。これを知らない人は未だに多くいるのも現状です。

 

 

 

ぽっこりとしたお腹には原因がきちんと4つあると言う事を把握する事が重要です。

 

 

 

この原因を把握出来ない人が、とりあえずのぽっこり対策として毎日の「腹筋運動」を実践するのですが、この腹筋運動で効果があるのはお腹を割る事が出来る筋肉を付ける事です。お腹を割りたくもない人がやってもナンセンスになります。
ぽっこりお腹の原因については「ぽっこりお腹の4つの原因」で詳細に記載していますので参考にしてください。

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

ケースによっては腹筋のみのぽっこり対策は危険!?


4つあるぽっこりお腹の原因のうち脂肪が全体的に付いてお腹もぽっこりに太ってしまっている人のみ腹筋や筋トレでお腹が凹みますが、お腹のぽっこりで悩む人の多くは脂肪での原因以外の内蔵下垂を起こしている事による原因が多いです。

 

 

 

 

 

また、脂肪が付いた状態で太った人でも毎日辛い筋トレや腹筋などを実施しなくても、もっと楽に改善する方法はたくさんあります。
脂肪が原因で楽に改善したい場合は「皮下脂肪によるぽっこりお腹対策」で説明しています。

 

 

 

 

脂肪が付いてしまって「ぽっこりお腹」になった人はお腹だけに脂肪が付いている状態ではないです。全体的に痩せるには脂肪燃焼やカロリー制限などが必要ですので脂肪が原因のぽっこりお腹の場合に腹筋でお腹だけ凹ませても逆に奇抜な体型になってしまいますので全体的なダイエットを実施する方法がベストになります!

 

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

男女とも腹筋&筋トレは不要!まずはぽっこりの原因を知る事!


男性でも女性でも、お腹がぽっこりと出た場合は必ずしも腹筋は必要ないという事を念頭に置いてください。
お腹がぽっこり出てしまった原因は他にあり、腹筋をしなければいけないわけでもないのに、腹筋は出来ないからと諦めている人がいたらとても勿体ないですよね!

 

 

 

通常は姿勢矯正やインナーマッスルの筋力アップ、骨盤矯正などダイエットグッズなどを使えば付けているだけの状態でダイエット成功が出来るケースが多いのを知っておきましょう!

 

 

ぽっこりと出たお腹で悩んでいたらまず試みる事は、「自分がどのタイプのぽっこりお腹なのかを把握する事」です。

 

 

ぽっこりお腹脱却で最も重要な事になります。
ぽっこりお腹の原因については「ぽっこりお腹になる4つの原因」で説明していますので参考にしてください。

 

 



トップ/ぽっこり改善法(総合)
骨盤の歪みによるぽっこり改善法
インナーマッスルの筋力低下によるぽっこり改善法
猫背・悪い姿勢によるぽっこり改善法
皮下脂肪によるぽっこり改善法



スポンサードサーチ
TOPへ