ぽっこりお腹の解消・改善方法

MENU

ぽっこりお腹の改善・解消方法は4つ!それぞれの原因を知る事!


ぽっこりお腹を解消したい、治したい人は、決まって腹筋や食事制限、規則正しい生活をして治そうとしますが、それでは「ぽっこりのお腹」は解消しません。

 

 

ぽっこりとしたお腹には必ず原因があります。
ぽっこりお腹の人は実は4種類の原因がそれぞれにあるのです。
何が理由でぽっこりのお腹になってしまったかを把握しないと痩せるダイエット方法もそれぞれの原因別で違うので実践の術がありません。

 

 

 

まずは、自分のぽっこりお腹がどの原因によるぽっこりお腹なのかを把握する必要があります。
これを知らずにはぽっこりお腹はいつまで経っても改善出来ないのです。

 

 

 

 

スポンサードサーチ

 

 

4つの原因別のぽっこりお腹を確認してみる!


まず、あなたがどの原因によるぽっこりお腹なのかを確認、把握する事が重要です。
そのぽっこりお腹の原因に対応する改善ダイエットをする必要があるからです。
ココを間違えて別のぽっこりお腹の原因を対策する方法で実践してしまうと、いつまで経ってもお腹の膨らみは解消されないままです。

 

 

以下「4つの原因別ぽっこりお腹」です。
あなたが何が理由のぽっこりお腹なのかを把握しましょう。

 

 

原因@ 骨盤の歪み・開きが原因のぽっこりお腹


骨盤が歪んでしまったり、開いてしまっている状態の場合は、本来骨盤で支えるべき内臓を支える事が出来なくなり、下に垂れてしまいます
内臓が下に下がってしまう為にお腹がぽっこりと出てしまうのです。

 

 

お腹のぽっこりはこの場合は、内臓になるので、いくら腹筋をしても、ハードなダイエットをしても、食事制限をしてもぽっこりは治りません。
ぽっこりが痩せないと悩んでいる人にこの骨盤の歪みや開きが原因の人が多い事も事実です。

 

 

 

そもそも骨盤が歪んだり・開いたりするのはなぜ?


骨盤の歪みや開きが原因と言われても、なぜ歪んだのか、なぜ開いたのかが分からないと納得いきませんよね。
骨盤の歪みや開きが生じる人の原因の多くは以下の2つです。

 

チェック!骨盤が歪む2つの原因
原因パターン@ 悪い姿勢が骨盤に負荷を与え続けた事が原因
原因パターンA 妊娠出産を繰り返す事で「骨盤底筋」が低下した事が原因

 

 

@の悪い姿勢・猫背姿勢などにより、骨盤に負荷をかけている姿勢が長期間続く事で骨盤にズレ・歪み・開きが生じるケースは男性でも女性でも起こり得る事です。
しかし、Aの妊娠・出産の繰り返しにより「骨盤底筋」の筋力が低下した事による骨盤の歪みの場合は、妊娠と出産を繰り返す事で骨盤底筋が弱まり、骨盤自体が下がってズレたり、歪んだり、開いたりなどの症状を起こす事なので女性特有で且つ、出産経験がある人のみとなります。

 

骨盤の歪みや開きが原因のぽっこりお腹の解消法は「コチラ」で説明しています。

 

 

 

原因A お腹のインナーマッスルの筋力低下が原因のぽっこりお腹


腹筋はお腹の表面層にある筋肉でアウターマッスルと言われます。これとは対照的なのが、お腹の内側の深層部分の筋肉であるインナーマッスルの筋力です。このお腹のインナーマッスル筋力が弱くなると体内で内臓などの臓器を支える力が弱くなり、内臓が垂れてしまいます。

 

 

内臓が下に垂れる事で、外見上お腹がぽっこりと出てしまいます。
@の原因の「骨盤の歪みや開きの原因」と同じでこれもぽっこりの正体は「内臓」なのでいくら脂肪燃焼系のダイエットを実践しても効果がありません。

 

 

 

腹筋でインナーマッスルの「腹斜筋」「腹横筋」を鍛える事は難易度が高い!


「インナーマッスル」とは医学用語では「深層筋」と言われる場所です。
表面の筋肉ではなくてその内側にある筋肉になります。

 

 

この筋肉が内臓などの臓器を適正な位置に保有する働きがあります。特にインナーマッスルでも、「腹横筋」「腹斜筋」と呼ばれるお腹の横側や斜め横側になる場所が内臓を支える働きが強い事で知られています。

 

 

筋トレのトレーニングの中の「腹筋」でも横腹筋部分や下腹筋部分やインナーマッスルである「腹横筋」「腹斜筋」を鍛える事は不可能ではありませんが、通常、表層筋の腹筋部分から鍛えられる為に、順番的には最終になってしまい、そこまで鍛える頃にはムキムキの身体になっている必要があり、さらに長期間に渡りトレーニングする必要もあるので継続性が難しくなります。

 

 

実はもっと楽にお腹のインナーマッスルにポイントを当てて鍛える事が出来ます。
実は正しい姿勢を使う事でインナーマッスルの「腹斜筋」や「腹横筋」の筋力は自然と向上するのです。

 

お腹のインナーマッスル筋力の低下による内臓下垂対策は「コチラ」で詳細に説明しています。

 

 

 

原因B 猫背・悪い姿勢が原因のぽっこりお腹


自分が猫背や反り腰、巻き肩などの悪い姿勢になっているかどうか分からないケースも多いです。
猫背や反り腰、巻き肩などになっているのかの確認は自分自身では難しいですよね!

 

家族や知人などに聞いてみるのも1つの方法だと思います。
第三者側から見て、確実に悪い姿勢になっているのであれば、その悪い姿勢が原因でお腹がぽっこりと出てしまう可能性が高いです。

 

 

猫背、反り腰、巻き肩などの悪い姿勢を続ける事でお腹が出てしまう原因パターンは2つあります。
どちらか片方の原因パターンでお腹がぽっこりする時もあれば両方の原因パターンが合わさってより、お腹がぽっこりとする事もあります。

 

 

 

確認!猫背や悪い姿勢でお腹がぽっこり出る2つの原因パターン


猫背や悪い姿勢を長期間続ける事でお腹がぽっこりと出てしまう事があります。
現在、お腹がぽっこりと出ていて、姿勢も悪い場合は、この原因Bの猫背や悪い姿勢によってお腹がぽっこり出ているのかも知れませんね!
確認してみましょう!

 

 

チェック!猫背や悪い姿勢がぽっこりを引き起こす2つの原因パターン
原因パターン@ 内臓を支えるお腹のインナーマッスル筋力が低下する事
原因パターンA 血行不良により内臓を支える膜組織への栄養が遮断される事

 

 

原因パターン@の「インナーマッスル筋力の低下」は猫背や悪い姿勢になる事で真っ直ぐの姿勢が出来ていない分、お腹に力を入れてない状態が続き、お腹全体の筋力低下からお腹のインナーマッスルの筋肉が弱り内臓が垂れる事でお腹がぽっこりと出てしまう事が挙げられます。
お腹のインナーマッスル筋力とは前述しましたが、「腹斜筋」や「腹横筋」の事で内臓を支える役割があります。
この筋力が低下すると内臓を支える事が難しくなり、下に下がってしまうのです。下に下がれば外見からするとお腹がぽっこりと出てしまいますよね!

 

そしてお腹がぽっこりと出てしまう原因Aで説明した原因もまた、インナーマッスル筋力の低下でしたよね!
そのインナーマッスル筋力の低下の原因をさらに探るとほとんどが悪い姿勢によってお腹のインナーマッスル筋力を使わなくなった事が挙げられます。

 

前述しているお腹がぽっこりと出てしまう原因のAの「インナーマッスル筋力の低下」と原因Bの「猫背やその他の悪い姿勢」は重なる点がありますね!
そしてどちらも改善方法は「姿勢を正しくして生活する事」が基本です。

 

悪い姿勢が原因のお腹ぽっこり対策の詳細は「姿勢矯正の改善方法」で説明しています。

 

 

また、原因パターンAの「血行不良」についても、やはり内臓が垂れる内臓下垂が関係してきます。
猫背や悪い姿勢で曲がった身体が長期間続く事で、毛細血管が圧迫され血行不良の状態になり、血行不良から内臓を体内で支えている「膜組織」と言われる膜に栄養が行き渡らなくなります。

 

この内臓を支えている膜組織に栄養が滞る事で、胃や腸などを正常な位置にキープする事が難しくなり、胃や腸などが本来あるべき位置よりも下に移動してしまい、お腹がぽっこりと出てしまうのです。

 

 

 

どちらも、根本的な原因は内臓が下に垂れる「内臓下垂」と呼ばれる状態です。
しかし、心配は無用です!内蔵が下がっている内臓下垂は改善方法がとても簡単なのです!

 

悪い姿勢によるぽっこりお腹の改善方法の詳細は「コチラ」で説明しています。

 

 

 

 

原因C 脂肪が付いた事によるぽっこりお腹


ぽっこりお腹の原因Cの場合は単に脂肪が付いた状態によるお腹がぽっこりと出た場合です。
運動不足やカロリーが多いものを食べている、また、寝る前に食べる癖があるなど、通常の脂肪で太る事と同じ部類で太ります。

 

 

上記3つのぽっこりお腹の原因と違うポイントは、お腹だけがぽっこりと出ているだけではなく、身体全体的に太っている事がポイントです。
もし、身体は全体的に通常か痩せ型でお腹だけがぽっこりと出ているのなら、原因C以外の上記3つの原因のいずれかの可能性が高いです。

 

 

しかし、お腹だけでなくて、身体全体に脂肪が付いている場合は「脂肪によるぽっこりお腹」です。
この場合の脂肪は内臓脂肪+皮下脂肪なので、カロリー制限や定期的な運動、就寝1時間前には飲食はしないなど脂肪燃焼系ダイエットやカロリー消費系のダイエットをする事で少しづつ改善されていきます。

 

脂肪系のぽっこりお腹をより効率的に改善したい場合は「脂肪によるお腹の改善方法」で詳細に説明していますので参考にしてください。

 

 

 

ぽっこりお腹を凹ませる・改善・解消方法まとめ!


ぽっこりお腹を改善・解消させたいのなら、それぞれぽっこりのお腹になる4つの原因のどれに当てはまるのかを把握する事が重要です。
どの原因によるぽっこりお腹なのかを把握できればそのぽっこりお腹に適した改善方法を実践するのみです!

 

 

以下4つの原因別ぽっこりお腹の対処方法を記載しますので、自分に合ったぽっこりお腹に適した対処方法を実践してください。

 

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

原因@の骨盤の歪みや開きが原因によるぽっこりお腹解消法


骨盤の歪みが原因でぽっこりお腹になっている場合は、そのお腹のぽっこりは「胃などの内臓」になります。胃を小さくする事は出来ないのでいくら脂肪燃焼系のダイエットやカロリー制限ダイエットをしても全く効果がありません。

 

 

この場合は、歪みや開きがある骨盤を矯正する事が重要で即決すべきダイエット方法です。
骨盤の歪み・開きを矯正する方法は簡単で「正しい姿勢」が重要です。

 

 

猫背や反り腰、巻き肩などの悪い姿勢を正して良い姿勢を長期間続けるだけで骨盤に与える負荷が少なくなり、骨盤を正常化させる事が出来ます。妊娠と出産を繰り返した事で骨盤底筋の筋力が低下した事が原因の骨盤の歪みでも対策は同じように正しい姿勢をする事で骨盤に負荷がかからない状態を続ける事で骨盤は正常化していきます。

 

 

骨盤矯正効果がある姿勢矯正アイテムを使用すると簡単に骨盤矯正が出来るので効率性や即効性を求める場合には使用してみる価値がありますね!

 

 

チェック!姿勢矯正で骨盤を正常化させるアイテム
男性用!姿勢矯正アイテム(腹筋アップも) ⇒「マッスルプレス
女性用!姿勢矯正アイテム ⇒「美姿勢ビルダー

 

 

 

 

原因Aのお腹のインナーマッスル筋力の低下によるぽっこりお腹解消法


腹筋でも、外側ではなく、内側の筋肉であるインナーマッスルの筋力が低下した事によってぽっこりお腹になってしまった場合は、インナーマッスル腹筋でも内臓を支える働きがある「腹横筋」と「腹斜筋」を鍛える必要があります。

 

 

原因Bの悪い姿勢でいる事でぽっこりお腹になる事と被りますが、インナーマッスル筋力の低下の大きな原因は猫背や巻き肩、反り腰などの「悪い姿勢」です。

 

 

正しい姿勢をしている場合はお腹のインナーマッスルでも内臓を支える役割が強い「腹斜筋」や「腹横筋」は自然と使っているものです。
生きていく上で一度悪い姿勢のほうが楽だと思ってしまうとその姿勢を長期間続ける事が癖になり、結果、お腹のインナーマッスル筋力の低下を招いて、内臓を支える力が落ちる事で内臓下垂を起こします。

 

 

内臓下垂が起きているお腹は外側から見るとぽっこりと出る「ぽっこりお腹」になってしまうのです。
この「腹横筋」と「腹斜筋」は通常の腹筋運動では効果が薄いです。通常の腹筋運動はお腹を割る表面的な腹筋しか鍛える事が出来ません。

 

 

 

「腹横筋」「腹斜筋」を鍛えるにはそれなりの筋力トレーニング方法がありますが、最も効率的な改善方法は「正しい姿勢で生活する事」です。

 

 

原因@とも原因Bとも被りますが、ぽっこりお腹を対策するキーワードはどれも「正しい姿勢を長期間続ける事」です。
これが簡単なようで難しいのは、現在の姿勢が癖になっているからです。

 

 

始めは癖ではない姿勢は無意識には出来ません。始めだけ姿勢矯正をするようなアイテムを使用して正しい姿勢を身体に植え付けると効果的ですね!

チェック!姿勢矯正でインナーマッスル筋力を向上させるアイテム
男性用!姿勢矯正アイテム(腹筋アップも) ⇒「マッスルプレス
女性用!姿勢矯正アイテム ⇒「美姿勢ビルダー

 

 

 

 

原因Bの猫背や悪い姿勢によるぽっこりお腹解消法


お腹がぽっこり出る原因の@の骨盤の歪みとも原因Aのインナーマッスル筋力の低下とも「姿勢」が関係する事は伝えました。
結局は脂肪ではなくて、内臓下垂が原因のぽっこりお腹は「悪い姿勢」に原因があると言う共通点がありますね!

 

 

 

猫背や反り腰、巻き肩などの悪い姿勢の場合は、2方面からぽっこりお腹を促進してしまいます。この猫背や悪い姿勢が原因の場合に、通常よりもぽっこり度合いが高い人が多いのは2つの原因が絡まっている事も理由の1つです。

 

 

2方面のそれぞれの原因は悪い姿勢が続く事でお腹のインナーマッスル筋力が低下する事が1つと、もう1つは悪い姿勢でいる事で身体全体の血流が悪くなります、血流が悪くなる事で内臓をインナーマッスル筋力よりもより直接的に支える役割を果たしている「内臓膜」に栄養が滞る事になり、内臓膜が内臓を支える事が難しくなり、下に垂れやすくなる事です。

 

 

 

 

改善方法はとても簡単です。悪い姿勢や猫背姿勢などを通常の姿勢に治して長期間生活すれば自然とぽっこりは無くなってきます。
良い姿勢になると、腹筋近くの内臓を支える役割があるインナーマッスル筋力も使うので自然に鍛える事が出来ます。

 

また、血流の流れも身体が曲がっていないので滞りなく流れる事が可能になり結果、内臓膜に栄養が行き渡り、内臓を支える力が戻ってきます。

 

 

 

良い姿勢にするポイントは「毎日良い姿勢を意識する事」が一番重要ですが、何かに夢中になるとそれも忘れてしまう事があると思います。そのような時に効率面でも効果面でも評価出来るのが「着るだけで姿勢矯正が出来るグッズ」です。

 

 

猫背や悪い姿勢の場合はこのような姿勢矯正グッズを使うと短期間で姿勢が正しい姿勢に変わり、さらにそれで癖を付ける事で再度猫背や悪い姿勢になる事も防げるので、内蔵下垂からのお腹ぽっこりを予防する事が出来ます。

 

 

チェック!男女別の姿勢矯正グッズ
男性用!姿勢矯正+筋力アップのグッズ ⇒「マッスルプレス
女性用!姿勢矯正グッズ ⇒「美姿勢ビルダー

 

 

 

猫背や悪い姿勢が治っても一定期間付け続けてその姿勢で癖を付ける事が重要になりますね!

 

 

 

 

 

原因Cの皮下脂肪がお腹に付いたぽっこりお腹解消法


単にお腹に脂肪が付いた状態でお腹がぽっこりしている場合はその他の身体の部位も脂肪が付いている状態であると思います。
この場合は、脂肪燃焼ダイエットとカロリー制限や糖質制限などの通常のダイエット方法がベストな対策になります。

 

 

しかし、皮下脂肪とは内臓脂肪と違って落としずらいと言う難点があります。脂肪が落ちる順番も内蔵脂肪の脂肪が落ちてから皮下脂肪が落ち始めるので即効性があるような方法は少なく、通常はゆっくりと生活習慣を変えていく事で改善させていきます。

 

 

毎日の運動は重要ですが、筋トレや腹筋のような激しい無酸素運動は一切する必要がありません。
皮下脂肪の原因はエネルギーの貯蓄です。エネルギーは本来、活動や運動などで消費する事になるのですが、運動不足などの理由でエネルギーが消費される事なく体内に溜まった結果の「貯蓄」なのです。

 

また、逆のパターンとしては運動はしていても、過食が原因で一定の運動ではエネルギーがすべて消費出来なかった事も挙げられます。

 

 

 

一気に蓄えたエネルギーを消費させる事はとても難しいです。運動面の解決方法としては毎日軽い運動を続ける事です。
いわゆるジョギング、ウォーキング、水中歩行などの「有酸素運動」が効果的です。

 

 

摂取する食べ物も脂質や糖質が高いものは出来るだけ避ける事がポイントです。
また、就寝前の1時間は水以外の飲食はしない事がベターですね!

 

チェック!皮下脂肪の3大ダイエット
皮下脂肪ダイエット@ 毎日の定期的な湯酸素運動(脂肪燃焼の為)
皮下脂肪ダイエットA カロリー制限(野菜類中心の食事で肉類や糖類は控えめにする事)
皮下脂肪ダイエットB 夜食べてからすぐ寝ない事(食べる場合は脂肪燃焼するような動きをする事)

 

 

 

皮下脂肪のぽっこりさんは「置き換え茶ダイエット」が有効!


皮下脂肪でお腹がぽっこりと出ている場合は運動と食事制限が絶対的な条件です。
しかし、より効率的に短期間で皮下脂肪対策をしたい場合には「置き換え茶ダイエット」が効果的です。

 

 

この置き換え茶ダイエットとは、通常飲んでいるお茶(水などでも)をダイエット効果があるお茶に置き換えるだけのダイエットです。
これは単純ですが、お茶として飲むので定期性や継続性、習慣性が強く、長期間続ける事が出来るので皮下脂肪が原因でのダイエットでの成功率が非常に高いのです。

 

 

 

置き換えるダイエット茶で有効なのが、国産プーアール茶です。
プーアール茶には、通常ダイエットに効果的な「脂肪燃焼効果」と「糖質吸収抑制効果」があるお茶の「カテキン」に代表されるポリフェノールが入っているからです。

 

そんな「カテキン」でもプーアール茶は「カテキン」よりも効果が高い「重合型カテキン」が入っている事でダイエット茶として有名です。

 

 

また、プーアール茶には、リパーゼ酵素と言われる脂肪を燃焼する酵素を促進する働きがあります。
プーアール茶を飲んでいると太らないと言われるのはこの作用により脂肪が体内に溜まってしまってもすぐに燃焼されるからです。

 

 

このように通常の脂肪が付く事でお腹がぽっこりとしている場合は脂肪燃焼効果が高く、脂肪や糖分を吸収する事を抑える力があるお茶を定期的に摂取する事に大きなダイエット効果があります。

 

チェック!皮下脂肪対策の「ダイエットプーアル茶」
皮下脂肪対策1 ⇒「ダイエットプーアル茶

 

 

 

 

 

女性は特に皮下脂肪が溜まりやすい


男性も女性も皮下脂肪が原因のぽっこりお腹にはなりますが、男性よりも女性のほうがお腹にピンポイントで脂肪が付きやすい事実があります。

 

 

ぽっこりお腹で原因Cの皮下脂肪がお腹に付く事が原因は、お腹だけでなく、他の部分も脂肪がある程度は付いている事がほとんどです。
しかし、女性の関しては皮下脂肪でのぽっこりお腹だとしても、お腹を中心に脂肪が付きやすいのです。

 

 

理由は女性が持っている「子宮」にあると言われています。
子供を育てる重要な箇所の為、それを守ろうと女性の身体本来の生理的な理由からお腹の特に下腹付近に脂肪が付きやすいと言われています。

 

 

対策方法は変わらず、そのぽっこりが皮下脂肪と判断出来れば、脂肪燃焼とカロリー消費制限などの通常のダイエットが効果的です。
また、お腹のみのぽっこりが、どうしても解消されない場合は他の原因のぽっこりお腹かもしれないので1つ1つ確認してみましょう!

 

要確認!4つの原因別のぽっこりお腹
4つの原因別「ぽっこりお腹」詳細 ⇒「ぽっこりお腹の4つの原因

ぽっこりお腹を治す為のアイテムまとめ


以下ぽっこりお腹を解消するアイテムの一覧です。参考にしてください。

 

「大手ダイエット情報サイト」からのランキング1位を抜粋しています。ランキングは定期的に更新する場合がありますのでご了承ください

 

 

 

男女別!姿勢矯正グッズのランキング1位まとめ!


ぽっこりお腹の原因@の骨盤歪みや開きが原因の場合、原因Aのお腹のインナーマッスル筋力の低下が原因の場合、また、原因Bの猫背姿勢やその他の悪い姿勢が原因のぽっこりお腹の場合でも、原因は違えど対策方法は同じです。

 

 

それらはすべて内蔵が下がっている事でお腹が前に膨らんでしまう「内蔵下垂」が起きているという共通点があるからです。
内蔵下垂を解消するには第一条件として「正しい姿勢を維持する事」です。

 

 

正しい姿勢を維持する為の「姿勢矯正グッズ」のランキング1位を紹介しています。
男性用と女性用でそれぞれランキング1位を抜粋しています。

 

 

男性用!姿勢矯正グッズのランキング1位
マッスルプレス


姿勢矯正の効果と筋肉アップの効果のW効果が期待出来る男性用の姿勢矯正グッズです。
姿勢矯正用としても人気があり、筋肉を付ける用としても需要が高いです。

 

付けるだけで筋肉付け+姿勢矯正の一石二鳥のグッズです!

 

 

 

 

女性用!姿勢矯正グッズのランキング1位
美姿勢ビルダー


姿勢矯正が出来るて、さらに女性としての美しい姿勢をも手に入れる事が出来る優れものです。
付けるだけという気楽さが人気の理由ですが、さらに、伸縮性が優れた素材を使う事でフィット感が高く、痛くないのが魅力的です。

 

また、女性が最も嫌がる付けている部分の汗対策も万全!
今までになかった吸収性抜群のメッシュ素材を当て部分に採用しています!

 

 

 

 

 

皮下脂肪対策グッズのランキング1位まとめ


お腹だけでなく他にも脂肪が付いた通常の肥満の場合は、脂肪燃焼効果を促進して、糖質や脂質の吸収を抑える効果があるお茶に今までのお茶を置き換える「置き換え茶ダイエット」が簡単で効果的です。

 

 

皮下脂肪対策を実施するにあたってお茶ダイエットが魅力的なのは「脂肪燃焼促進効果」+「脂質や糖質の吸収抑制効果」がある事です。

 

 

運動などで脂肪を燃焼する事は出来ますが、脂質や糖質の吸収が抑制される効果はお茶やサプリメントなどの口から摂取するダイエット商品が必要ですね!

 

 

 

ダイエットお茶のランキング1位
ダイエット専用プーアール茶


身体にある脂肪を体外に排出する働きがある「カテキン」ですが、ダイエットプーアル茶にはこのカテキンの中でもより質が高い「重合カテキン」が配合されています。
通常のカテキンよりも脂肪を体外に排出する力が強いだけでなく、脂質や糖質の吸収を抑制する働きもあるので、皮下脂肪対策のダイエットには効果的な飲み物になりますね!

 

 

 

 

スポンサードサーチ